読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨(暗号通貨)と投資ビジネスで一発逆転を狙う 平凡なサラリーマンのブログ

当ブログでは、誤解が多い仮想通貨(暗号通貨)を初心者でも分かるように基礎的なことから最新の情報まで解説し、仮想通貨(暗号通貨)の真実を お伝えしていきます。また、数ある投資ビジネスの中で「これは!」と思った厳選優良案件をご紹介していきます。

仮想通貨(暗号通貨)は儲かるのか?②

  

「仮想通貨(暗号通貨)って儲かるの?」

 

最近

仮想通貨(暗号通貨)関連のニュースや

記事などが増えてきたと思います。

 

仮想通貨(暗号通貨)バブルはもう目前でしょう。

 

周りがやり始めてからではすでに遅いので

いまがチャンスです。

 

流行する前に仕込んでおくことがベストな選択なのです。

 

仮想通貨(暗号通貨)は儲かるのか?

 

という質問は

以下のフィンテック関連のニュースを見て頂ければ

分かると思います。

 

 フィンテックとは?

 

 

 

(直近のフィンテック関連の国内ニュース)

 

 

・2016年、6月

三菱東京UFJ銀行が国内大手銀行では

初の独自の仮想通貨「MUFGコイン」

2017年秋に発行すると発表。

 

三菱東京UFJ銀行が発行して管理し

1コイン=1円の固定として使用するため

現在の仮想通貨(暗号通貨)とは異なる方式。

 

つまり

投資対象にはならず、

 

あくまで

三菱東京UFJ銀行の本支店間での送金を

目的として作られた独自仮想通貨(暗号通貨)の模様。

 

f:id:balsa:20170411172001j:plain

 

 

・2016年、6月

みずほフィナンシャルグループ日本IBM

仮想通貨(暗号通貨)活用へ共同で技術検証開始。

 

f:id:balsa:20170411172042j:plain

 

 

・2016年、7月

三菱東京UFJ銀行世界最大の仮想通貨(暗号通貨)

取引所を運営する米コインベース

資本業務提携を正式発表。

 

f:id:balsa:20170411172114j:plain

 

 

・2016年、10月

財務省と金融庁が仮想通貨(暗号通貨)を取得時に

消費税課さないと決定。

 

これにより

現在の貨幣(通貨)と同じ位置づけに。

 

f:id:balsa:20170411172200j:plain

 

 

・2016年、10月

 

横浜銀行住信SBIネット銀行などが

構築を検討するフィンテックの送金システム

「ブロックチェーン」

三井住友信託銀行りそな銀行などの38銀行が参加。

 

 

 

f:id:balsa:20170411172228j:plain

 

------------------------------------------------------------------------------

『ブロックチェーン』

 

ブロックチェーンとは

Bitcoin(ビットコイン)を支える中核の技術として、

 

Bitcoin(ビットコイン)とともに生み出された

分散型ネットワーク技術で、

 

中央集権を置かずに信憑性のある合意に

到達する方法を可能にする技術です。

 

どういうことかというと

現在の銀行などは中央集権管理型と呼ばれ,

 

中央に位置している銀行がデータ(帳簿)を

管理して取引をしています。

 

一方

分散型ネットワーク技術であるブロックチェーンは、

 

中央に管理する企業や管理者を置かずに

全ユーザーみんなで監視しあうやり方です。

 

f:id:balsa:20170411172332j:plain


 

全ユーザーで監視するためには

全ユーザーが同じ帳簿を持っていて、

 

誰が誰にどれだけ送金したかなどのデータを共有して

不正がないように監視する方法です。

 

この分散型のシステムは

一つの場所に取引データを置かないようにするために、

 

世界中に点在するパソコンにデータを置くことで

不正や破壊ができないようになっています。

 

なぜなら

データを保持する世界中の全てのパソコンを

ハッキング、もしくは破壊しなければ、

 

ブロックチェーン技術は複製しながら

復活することができるからです。

 

そのため

従来のセキュリティーの1千~1万倍は

強固と言われる最新技術です。

 

今では

Bitcoin(ビットコイン)の核心的な技術である

ブロックチェーンを他分野にも

応用できないかと考えられ

金融や流通、契約等の分野で注目を集めています。

 

例えば

全国各地にある銀行のATMは高額な費用がかかり、

 

また

振り込め詐欺などの不正防止対策の費用も

莫大な金額がかかっているため、

 

ブロックチェーン技術を応用したら

かなりの費用節約になると期待されています。

------------------------------------------------------------------------------

 

Bitcoin(ビットコイン)の基盤となる

ブロックチェーンの派生技術を

用いたプロジェクトが、

 

世界最大級の銀行9行の共同により

執り行われることが発表され、

 

プロジェクトに合意した銀行は

バークレイズ、UBS、コモンウェルス、BBVA

ステート・ストリート、クレディ・スイス、

JPモルガン、RBS、ゴールドマン・サックスなどの

世界大手の銀行。

 

さらに

Bitcoin(ビットコイン)に参入している大企業は、

 

Google、マイクロソフト、アップル、IBMサムスン、

ナスダック、楽天、NTTサイバーエージェント

リクルート、GMOなど

いろいろな大企業が既に参入しています。

 

日本では

仮想通貨(暗号通貨)の間違った報道をされているので

個人では怪しいとなっていますが、

 

法人(企業)で見てみると

名だたる大手が参入している現状です。

 

大企業や大手銀行の参入の現状をみれば

フィンテックの本命である仮想通貨(暗号通貨)は

とてつもない可能性を秘めていることがわかります。

 

よって

仮想通貨(暗号通貨)は儲かるのか?

と聞かれたら、

 

私は自信をもって

 

「儲かります!」

 

と答えます。

 

 *もちろん、本物の仮想通貨(暗号通貨)が前提です。

 

 

 

Ethereum(イーサリアム)とは?

 

 

Ethereum(イーサリアム)とは』

 

Bitcoin(ビットコイン)の次に時価総額が大きい

ランキング第2位の仮想通貨(暗号通貨)で、

 

Bitcoin(ビットコイン)が

仮想通貨(暗号通貨)1.0世代とすると

このEthereum(イーサリアム)

仮想通貨(暗号通貨)2.0世代と呼ばれています。

 

1.0世代の仮想通貨(暗号通貨)は

coinの瞬間的な交換や取引に使用される

単純なものですが、

 

2.0世代と呼ばれるEthereum(イーサリアム)は

プラスαの価値があるのが特徴です。

 

Ethereum(イーサリアム)の特徴は

賢い契約(スマートコントラクト)です。

 

世の中にある様々な契約をインターネット上に

保存・実行していく機能です。

 

どういうことかというと

例えば、

 

3年後の2019年の12月25日に

クリスマスプレゼントの商品代金10万円を

支払うという契約の情報を

スマートコントラクトの機能で自動的に実行され

その取引履歴も保存されるというものです。

 

つまり

過去にどのような取引があり、

 

その取引の情報もインターネット上に

保存され続けるので、

 

現在の中介業者などいらなくなる

可能性があるということです。

 

この付加価値があるので

Ethereum(イーサリアム)は公開後に

瞬く間に人気となり、

 

仮想通貨(暗号通貨)時価総額ランキングの

第2位にまで高騰しました。


開発者は

チャールズ・ホスキンソン

 

天才数学者であり

仮想通貨(暗号通貨)の世界の

スティーブ・ジョブズと言われ、

 

仮想通貨(暗号通貨)の世界では知らない人は

いないという人物です。

 

仮想通貨(暗号通貨)時価総額ランキング

第1位のBitcoin(ビットコイン)は、

 

ナカモトサトシと名乗る人物が

Bitcoin(ビットコイン)についての論文を

インターネット上に公表し、

 

世界中のプログラマーたちがプログラムを

書き換えていくことにより、

 

名プログラマーの技術が集約した

最高傑作の仮想通貨(暗号通貨)が誕生しました。

 

一方

仮想通貨(暗号通貨)時価総額ランキング

第2位のEthereum(イーサリアム)は、

 

チャールズ・ホスキンソンが開発した

仮想通貨(暗号通貨)です。

 

つまり

個人単体で考えるなら

仮想通貨(暗号通貨)のトップに君臨する

大天才と言えます。

 

2.0世代と言われるEthereum(イーサリアム)

財産を扱うことができる

柔軟性の高い仮想通貨(暗号通貨)です。 

 

 

 

ブロックチェーンとは?

  

『ブロックチェーンとは』

 

ブロックチェーンとは

Bitcoin(ビットコイン)を支える中核の技術として、

 

Bitcoin(ビットコイン)とともに生み出された

分散型ネットワーク技術で、

 

中央集権を置かずに信憑性のある合意に

到達する方法を可能にする技術です。

 

どういうことかというと

現在の銀行などは中央集権管理型と呼ばれ、

 

中央に位置している銀行がデータ(帳簿)を

管理して取引をしています。

 

一方

分散型ネットワーク技術であるブロックチェーンは、

 

中央に管理する企業や管理者を置かずに

全ユーザーみんなで監視しあうやり方です。P2P型)

 

f:id:balsa:20170407235852j:plain

 

全ユーザーで監視するためには

全ユーザーが同じ帳簿を持っていて、

 

誰が誰にどれだけ送金したかなどのデータを共有して

不正がないように監視する方法です。

 

この分散型のシステムは

一つの場所に取引データを置かないようにするために

 

世界中に点在するパソコンにデータを置くことで

不正や破壊ができないようになっています。

 

なぜなら

データを保持する世界中の全てのパソコンをハッキング、

 

もしくは破壊しなければ

ブロックチェーン技術は複製しながら

復活することができるからです。

 

そのため

従来のセキュリティーの1千~1万倍は

強固と言われる最新技術です。

 

今では

Bitcoin(ビットコイン)の核心的な技術である

ブロックチェーンを他分野にも

応用できないかと考えられ

金融や流通、契約等の分野で注目を集めています。

 

例えば

全国各地にある銀行のATMは高額な費用がかかり、

 

また振り込め詐欺などの不正防止対策の費用も

莫大な金額がかかっているため、

 

ブロックチェーン技術を応用したら

かなりの費用節約になると期待されています。

 

 

 

 

Bitcoin(ビットコイン)の歴史 【続き】

 

・2013年 11月

 シルクロード摘発によるアメリカ国民への

 Bitcoin(ビットコイン)の認知と

 中国富裕層のリスクヘッジのための爆両替の結果、

 

 わずか1ヶ月で

 Bitcoin(ビットコイン)=1,200ドル

 (過去最高値) にまで大暴騰。

 

(下図参照、青↓

f:id:balsa:20170407124848j:plain

 

 ・2013年 12月

 中国政府が抜け道として使われていた

 Bitcoin(ビットコイン)を自国の金融機関で

 取り扱うことを禁止(個人間取引は可能で合法

 する規制に乗り出すと、

 

 Bitcoin(ビットコイン)=566ドル

 へ暴落する。

 

(上図参照、赤↑

 

・2014年 2月

  日本にBitcoin(ビットコイン)の取引所を

 開設したマウントゴックス社が経営破綻する。

 

・2014年 4月

 Bitcoin(ビットコイン)=437ドル

 の価値まで下がる。

 

・2014年 6月

 日本国内初のBitcoin(ビットコイン)ATM

 東京に登場する。

 

 米オンライン旅行最大手のエクスペディア

 ホテル予約でBitcoin(ビットコイン)利用を開始する。

 

・2014年 7月

 パソコンの大手、DELLがアメリカ国内で

 Bitcoin(ビットコイン)支払いを開始。 

 

・2014年 9月

 インターネット決済の大手、Pay pal

 Bitcoin(ビットコイン)決済への対応開始を発表。

 

  世界でのBitcoin(ビットコイン)のATMが

 260台を超える。 

 

・2014年 11月

 北欧のフィンランドがBitcoin(ビットコイン)に

 消費税を課さないと決定

 

・2015年 6月

 スイスでも

 Bitcoin(ビットコイン)消費税を課さないと決定

 

 金融立国であるスイスがBitcoin(ビットコイン)を 

 「物」から「支払いの手段」として認めたということ。 

 (お金として認めたことになる。)

  

2015年 8月

 パナマ文書の流出により

 仮想通貨(暗号通貨)の需要が拡大する。

 

・2015年 10月

 EU(欧州連合)の最高裁判所にあたる

 欧州司法裁判所で、

 

 Bitcoin(ビットコイン)にかかる

 付加価値税(消費税)をなくしたことにより、

 商品(物)ではなく、貨幣(通貨)として認定された。

 

・2016年 3月

 日本政府がBitcoin(ビットコイン)を

 貨幣(通貨)として認定する。

 *オーストラリアでは

  Bitcoin(ビットコイン)の取得時と

  Bitcoin(ビットコイン)での支払い時の両方で

  消費税がかかり

  いわゆる二重課税になり問題になっていたため

  オーストラリア政府は消費税撤廃へ動くとして

  ニュースになる。

・2016年 10月

 財務省金融庁がBitcoin(ビットコイン)の

 取得時に消費税課さないと決定。

 

 Bitcoin(ビットコイン)を取得する時に

 かかる消費税を2017年春頃に無くす調整に

 入ったことにより、

 

 仮想通貨(暗号通貨)を「物」や「サービス」

 ではなく

 支払いの手段として明確に位置づけることになった。

 

 つまり

 現在の貨幣(通貨)と同じ位置づけに

 なるということです。

 

 Bitcoin(ビットコイン)=約711ドル 

 

・2017年 4月7日(記事作成現在)

 Bitcoin(ビットコイン)=約1,180ドル

 (約130,000円)の価値

 

 

Bitcoin(ビットコイン)とは?

 

『Bitcoin(ビットコイン)とは』

 

インターネット上で取引する仮想通貨(暗号通貨)であり

飲食の支払いや買い物の支払い、

 

日本円や米ドルなどにも両替が出来る

きちんとした通貨(お金)です。

 

仮想通貨(暗号通貨)の中でもBitcoin(ビットコイン)は

仮想通貨(暗号通貨)時価総額ランキングで第1位で、

 

仮想通貨(暗号通貨)の中の基軸通貨とも言われる

代表的な通貨です。

 

現在の法定通貨である日本円のように

硬貨やお札などの現物があるわけではなく、

 

政府や中央銀行などの管理機関を介さないため

仲介手数料が非常に安く抑えられ、

 

インターネット上なら

世界中のどこでも誰とでも24時間いつでも一瞬で

取引を行うことができる。

 

政府や中央銀行などの管理機関を介さないので

その管理する組織の代わりに全ユーザーで相互に

管理する分散型ネットワーク(P2P型)で管理し、

 

ブロックチェーンと呼ばれる

従来のセキュリティーの1千~1万倍は

強固と言われる最新技術により安全に管理されています。

 

また

Bitcoin(ビットコイン)は全ユーザーで

管理(全ユーザーで同じ帳簿を持つ)するので、

 

そのすべての取引データの整合性を取るためには

取引履歴の正確な記録、計算、検証を

することが求められます。

 

そのため

マイニング(採掘)と呼ばれる作業を行い、

 

その検証結果に不正がないか確認のために

全ユーザーに送られ検証されるという仕組みで

管理しています。

 

そして

Bitcoin(ビットコイン)は

通貨総量が2,100万Bitcoin(ビットコイン)

までと始めから決まっていて、

 

2,140年に上限に達するので

それ以降は新規の通貨発行はありません。

 

現在の法定通貨の日本円や米ドルなどと比べても

あきらかに違う新しい通貨の形といえます。

 

また

Bitcoin(ビットコイン)は

仮想通貨(暗号通貨)第1号です。

 

「ナカモトサトシ」と名乗る人物が

2008年にBitcoin(ビットコイン)についての

論文をインターネット上に公表し、

 

それを見た世界中のプログラマーたちが

プログラムを書き換えていくことにより、

 

名プログラマーの技術が集約した最高傑作の

Bitcoin(ビットコイン)が誕生したと言われています。

 

ちなみに

0.00000001BTC=1satoshi(サトシ)

と呼ばれ、

 

Satoshi(サトシ)

Bitcoin(ビットコイン)の最小単位になります。

 

 

 

Bitcoin(ビットコイン)の歴史

 

仮想通貨(暗号通貨)の中で一番初めに誕生したのが

Bitcoin(ビットコイン)ですが、

 

そのBitcoin(ビットコイン)は

どうやって誕生したのでしょうか?

 

 

Bitcoin(ビットコイン)の歴史』

  

・2008年

 「ナカモトサトシ」と名乗る人物が

 Bitcoin(ビットコイン)についての論文を、

 

 インターネット上に公表したのがきっかけで

 のちにBitcoin(ビットコイン)のプロトタイプ誕生

 といわれる。

 

・2009年

  Bitcoin(ビットコイン)についての論文を見た

 世界中のプログラマーたちが絶賛し、

 

 公表されたBitcoin(ビットコイン)プロトタイプの

 プログラムを書き換えていくことにより、

 

 世界中の名プログラマーの技術が集約した

 最高傑作のBitcoin(ビットコイン)が誕生する。

 

 (プロトタイプのプログラムの90%以上が

  書き換わったといわれる)

 

・2010年 5月

  アメリカのフロリダでBitcoin(ビットコイン)に

 よる初の商取引が成立

 *1万Bitcoin(ビットコイン)で2枚のピザを購入

 

・2010年 6月

 1Bitcoin(ビットコイン)=8セント の価値

 

・2010年 7月

 マウントゴックス社が日本で

 Bitcoin(ビットコイン)の取引所を開設

 

・2011年 2月

 1Bitcoin(ビットコイン)=1ドル

 

 違法サイト「シルクロード」が誕生し

 武器や麻薬・盗難品などの売買の決算手段として

 Bitcoin(ビットコイン)を使用。

 

 *いつでも簡単に携帯から携帯へ送金でき

  警察の目から逃れる手段として銀行などを

  介さないBitcoin(ビットコイン)が

  犯罪に使われた。

 

 この頃からBitcoin(ビットコイン)の価値が

 上がり始める。

 

・2011年 8月

 Bitcoin(ビットコイン)=31ドル

 

2013年 3月

 ユーロ圏のキプロス共和国にて

 キプロスショック(財政危機)が発生すると、

 

 キプロス政府が預金引き出しを制限する

 預金封鎖課税を開始したため、

 

 銀行に預金していた富裕層が海外へお金を逃がす目的で 

 Bitcoin(ビットコイン)を購入し

 価値が急上昇する。

 

  一時

 Bitcoin(ビットコイン)=266ドル

 まで値上がる。

 

・2013年 10月

 史上最悪の闇サイトと言われた

 シルクロードFBIに摘発され、

 

 アメリカの三大ネットワークに

 ニュースで流れたため、

 

 アメリカ国民は

 「なんて便利なものがあるのだ!」

 シルクロードの摘発ニュースではなく、

 

 Bitcoin(ビットコイン)への

 興味・関心が高まった結果

 認知度が上がり価値が急上昇する。

 

 さらに

 この頃の中国は景気が徐々に悪くなり始めていたので、

 

 中国の富裕層たちは自国のバブル経済が

 いつ弾けてもいいように

 リスクヘッジのため中国元を米ドルへ変え始めた。

 

 

 しかし

 政府の規制が厳しい中国では誰でも簡単に

 米ドルに換えるということができなかったので、

 

 中国元から米ドルへ替える時に

 Bitcoin(ビットコイン)が使われた為

 さらに価値が暴騰した。

 

 *中国元→Bitcoin(ビットコイン)→米ドルへ

  爆両替された。

 

 このように

 24時間いつでも世界中どこでも簡単に、

 

 しかも

 手数料は数円(当時)で一瞬で送金できる

 Bitcoin(ビットコイン)は利便性が非常に高く、

 

 世界中から評価されてあっという間に

 広がっていった。

 

 

 

半減期とは?

 

 

Bitcoin(ビットコイン)の半減期』

 

半減期とは

Bitcoin(ビットコイン)のマイニング作業(採掘)

報酬が半減するタイミングのことです。

 

最初のBitcoin(ビットコイン)半減期は

2012年11月29日で

採掘報酬は50BTCから25BTCに半減しました。

 

2回目のBitcoin(ビットコイン)半減期は

2016年7月10日で

採掘報酬は25BTCから12.5BTCに半減しました。

 

このように

約4年ごとに発行数量が半減していくように

最初からプログラミングされています。

 

なぜこのような仕組みになっているのか?

 

それは

発行数量のスピードを徐々に半減していくことによって、

 

Bitcoin(ビットコイン)の価格(価値)を上げる要素

価格上昇を期待しているということです。

 

また

短期間で発行数量がドーンと増えてしまうと

インフレになってしまい、

 

Bitcoin(ビットコイン)の価値が急落してしまうので

そのような混乱を回避するためでもあります。

 

Bitcoin(ビットコイン)が年間を通して

変わらない需要があるにも関わらず

供給のスピードが半減していくと、

 

当然ながら新たな需要と供給の

バランスが生まれるまでは

価格が上昇する事が単純な経済論理から推測できる。