読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨(暗号通貨)と投資ビジネスで一発逆転を狙う 平凡なサラリーマンのブログ

当ブログでは、誤解が多い仮想通貨(暗号通貨)を初心者でも分かるように基礎的なことから最新の情報まで解説し、仮想通貨(暗号通貨)の真実を お伝えしていきます。また、数ある投資ビジネスの中で「これは!」と思った厳選優良案件をご紹介していきます。

仮想通貨(暗号通貨)とは?② Bitcoin(ビットコイン)を例に解説!

 

仮想通貨(暗号通貨)とは? Bitcoin(ビットコイン)を例に解説!

 

*仮想通貨(暗号通貨)とは?Bitcoin(ビットコイン)を例に解説!の続きです。

  

 

 Bitcoin(ビットコイン)は

政府や中央銀行など特定の機関が管理しないため、

 

マイニングと呼ばれる承認作業で確認・検証され

 その結果を全ユーザーで監視できる仕組みです。

 

 

------------------------------------------

 

『マイニング(採掘)』

 

すべての取引データの整合性を取るためには、

取引履歴の正確な記録、計算、検証を

することが求められるため、

 

その整合性を取る作業は膨大な計算量が必要となり、

コンピューターによる計算でしか実現できません。

  

この作業(計算)をマイニングといいます。

  

Bitcoin(ビットコイン)は管理する組織がないため、

マイニングの作業をやってくれる

有志の力を借りています。

 

(世界中でマイニング作業が行われています)

 

 その中で実際にマイニング作業をした

有志の1人に見返り(報酬)として

Bitcoin(ビットコイン)が支払われます。

  

マイニング作業を手伝って

Bitcoin(ビットコイン)全体が健全に

運用されるようにがんばってくれたことへの

報酬ですね。

 

この報酬は

新たに発行されたBitcoin(ビットコイン)によって

支払われます。

  

つまり

通貨の新規発行がこのマイニング作業によって

起こるのです。

 

 Bitcoin(ビットコイン)の新規発行は

このマイニング作業を通じてしか行われません。

  

そして

このマイニング作業の検証結果は、

 

不正がないか確認のために

全ユーザーに送られ検証されるのです。

 

------------------------------------------

 

 

このマイニング作業により、

Bitcoin(ビットコイン)は安全性が確保されています。

 

残念ながら日本は世界の中でも

仮想通貨(暗号通貨)について遅れている国なので

国内で普及していないのが現状です。

 

しかし

仮想通貨(暗号通貨)に似たものは日本でも

日常的に使用されています。

 

それは

ビックカメラやヨドバシカメラなどの

ポイントカードです。

  

貯まったポイントで買い物ができますよね。

 

このポイントをお金として認めて

流通させているので

企業内通貨のようなものといえるでしょう。

 

また

Tポイントカード、TSUTAYAが発行している

カードもそうです。

 

しかも

Tポイントをお金の代わりに受け取ってくれる

企業や店舗はたくさんあります。

 

例えば

コンビニのファミリーマートなどは

貯まったTポイントで支払いが可能です。

  

このように日本は仮想通貨(暗号通貨)を

受け入れる土壌がすでに出来ているのです。