読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨(暗号通貨)と投資ビジネスで一発逆転を狙う 平凡なサラリーマンのブログ

当ブログでは、誤解が多い仮想通貨(暗号通貨)を初心者でも分かるように基礎的なことから最新の情報まで解説し、仮想通貨(暗号通貨)の真実を お伝えしていきます。また、数ある投資ビジネスの中で「これは!」と思った厳選優良案件をご紹介していきます。

仮想通貨(暗号通貨)のメリットと特徴

 

そもそも

なぜ仮想通貨(暗号通貨)が必要なのか?

 

日本に住んでいたら

仮想通貨(暗号通貨)の必要性がわかりません。

 

しかし

世界では急速的に仮想通貨(暗号通貨)が

広がっています。

 

 

なぜでしょうか?

 

 

その理由は

送金の手段として使われているからです。

 

仮想通貨(暗号通貨)は

いつでもどこでも誰でもどこの国にいても

手数料は数円~数十円で簡単に送金できるのが特徴です。

 

 

 仮想通貨(暗号通貨)の特徴)

 

1、個人同士の直接取引ができる

2、銀行や取引所などの管理組織を通す必要性がない 3、24時間いつでも取引可能

4、手数料が数円~数十円程度で済む

5、国外送金も国内同様に簡単にできる

 

 

でも

それがなぜ便利で必要性があるのか?

イメージできないと思います。

 

日本では銀行口座をもっていない人は

ほとんどいないと思います。

 

そして

銀行で手続きをすれば、

 

口座から口座へ手数料は数百円位で

当日~1日で送金できます。

 

これは

日本では当たり前で常識ですが

世界では違うのです。

 

先進国であるアメリカを例にすると

たとえばニューヨークからサンフランシスコ

(国内送金)へお金を送金するとした時、

 

日数は3~5日かかり

また

手数料は2~3千円もかかります。

 

日本と比べても

送金日数や手数料など桁違いで大変そうですよね。

 

じゃあ

国外送金はどうでしょうか?。

 

日本では国外送金はあまりしないとおもいますが

世界では頻繁にしています。

 

たとえば

ヨーロッパだと国と国が陸続きでとても近いので

人も物も国境を越えて頻繁に行き来しています。

 

そうすると

お金も国と国の間を頻繁に送金されます。

 

日本もヨーロッパもそうですが

国外送金は日数と手数料はとてもかかります。

 

ここで

仮想通貨(暗号通貨)があれば、

 

たった数円の手数料で一瞬で簡単に

国外に送金できます。

 

では

同じアジア圏を見てみましょう。

 

東南アジアのフィリピンでは

銀行口座を持っている人は3~4割ですが、

 

携帯電話を持っている人は

107%もいるんです。

 

銀行口座は持っていないが

ほぼ全員が携帯電話を持っているという国です。

 

銀行口座を持っていない人は

送金代行サービスなどを利用していますが

日数は数日かかり手数料がとても高いのです。

(5万円の送金なら5千円くらいの手数料がかかる)

 

銀行口座を持っている人が少なく

さらに送金システムも日本みたいに発達していない

フィリピンでは携帯から携帯へ一瞬で送金でき、

 

手数料が数円~数十円の仮想通貨(暗号通貨)は

とても便利で必要性が高いことが分かると思います。

 

このような現状は

日本だけをみていたら分からなかったと思いますが、

 

世界各地では仮想通貨(暗号通貨)がとても便利で

必要性があるので急速的に広がっているのです。