仮想通貨(暗号通貨)と投資ビジネスで一発逆転を狙う 平凡なサラリーマンのブログ

当ブログでは、誤解が多い仮想通貨(暗号通貨)を初心者でも分かるように基礎的なことから最新の情報まで解説し、仮想通貨(暗号通貨)の真実を お伝えしていきます。また、数ある投資ビジネスの中で「これは!」と思った厳選優良案件をご紹介していきます。

マウントゴックス社の破綻の真実

 

『マウントゴックス社の経営破綻』

 

Bitcoin(ビットコイン)を取り扱っていた

取引所の大手マウントゴックス社が

破綻して社長が逮捕された事件です。

 

このことにより日本では

やっぱりBitcoin(ビットコイン)は怪しいと

なってしまいましたが

真実は違います。

 

マウントゴックスはいち取引所なので

その1つの取引所が破綻しただけの話です。

 

どういうことかというと

たとえば国際線のある大きな空港などでは

お金を両替する両替所があります。

 

日本の空港だと

アメリカから来た人が空港にある両替所で

米ドルを日本円に両替します。

 

逆に日本から海外に行ったときは

その現地の空港で現地のお金に両替します。

 

両替したことがある人は知っていると思いますが

両替所は1つではなくたくさん並んでいます。

 

これは

経営する企業や経営者が違うので

両替所もたくさん存在しているのです。

 

仮に

その中の1つの両替所が潰れたとして、

 

そこで扱っていた日本円や米ドル、ユーロやポンド

などの通貨が全部怪しいとはなりません。

 

または

その他の両替所で同じように扱っている

日本円や米ドル、ユーロやポンドなどの通貨も

全部怪しいとはなりません。

 

日本ではこれと同じことを間違った報道をされて

Bitcoin(ビットコイン)は怪しいとなっているのが

現状です。

 

マウントゴックスも数ある取引所の中の

1つに過ぎません。

 

確かにマウントゴックスは大手の取引所だったので

潰れた事件は日本でも取り上げられましたが、

 

これは

マウントゴックス社の経営手腕の問題で潰れただけで、

 

取り扱っていたBitcoin(ビットコイン)

イーサリアムリップルなどの

仮想通貨(暗号通貨)は怪しい

危ないとはならないのです。

 

さらに

その社長が横領していたため逮捕されたので

大々的にマスコミに取り上げられることになりました。

 

マウントゴックス社の破綻の流れを説明すると

まず

Bitcoin(ビットコイン)の払い戻しの遅延が発生し、

 

その事が報じられ

その後払い戻しを停止し、

 

そして

民事再生法を申請し経営破綻しました。

 

マウントゴックスに

Bitcoin(ビットコイン)を預けていた人たちは

1円も返ってこないということになったのです。

 

これにより

やっぱりBitcoin(ビットコイン)は

危ないって思われました。

 

確かに

取引所に預けると

破綻した時はリスクがあります。

 

したがって

取引所に直接預けるのではなく

ネット上の自分の財布(ウォレット)や

 

直接ウォレットをダウンロードする

パソコン上のウォレットなどに

預けておいたほうが安心です。

 

仮想通貨(暗号通貨)の財布(ウォレット)については

後日詳しく記事にしてお伝えします。

 

マウントゴックス社の破綻=仮想通貨(暗号通貨)

は怪しい・危ないと言っている人たちは、

 

勉強していないので全く的外れで

自分が間違っていることさえわかっていないのです。