仮想通貨(暗号通貨)と投資ビジネスで一発逆転を狙う 平凡なサラリーマンのブログ

当ブログでは、誤解が多い仮想通貨(暗号通貨)を初心者でも分かるように基礎的なことから最新の情報まで解説し、仮想通貨(暗号通貨)の真実を お伝えしていきます。また、数ある投資ビジネスの中で「これは!」と思った厳選優良案件をご紹介していきます。

ブロックチェーンとは?

  

『ブロックチェーンとは』

 

ブロックチェーンとは

Bitcoin(ビットコイン)を支える中核の技術として、

 

Bitcoin(ビットコイン)とともに生み出された

分散型ネットワーク技術で、

 

中央集権を置かずに信憑性のある合意に

到達する方法を可能にする技術です。

 

どういうことかというと

現在の銀行などは中央集権管理型と呼ばれ、

 

中央に位置している銀行がデータ(帳簿)を

管理して取引をしています。

 

一方

分散型ネットワーク技術であるブロックチェーンは、

 

中央に管理する企業や管理者を置かずに

全ユーザーみんなで監視しあうやり方です。P2P型)

 

f:id:balsa:20170407235852j:plain

 

全ユーザーで監視するためには

全ユーザーが同じ帳簿を持っていて、

 

誰が誰にどれだけ送金したかなどのデータを共有して

不正がないように監視する方法です。

 

この分散型のシステムは

一つの場所に取引データを置かないようにするために

 

世界中に点在するパソコンにデータを置くことで

不正や破壊ができないようになっています。

 

なぜなら

データを保持する世界中の全てのパソコンをハッキング、

 

もしくは破壊しなければ

ブロックチェーン技術は複製しながら

復活することができるからです。

 

そのため

従来のセキュリティーの1千~1万倍は

強固と言われる最新技術です。

 

今では

Bitcoin(ビットコイン)の核心的な技術である

ブロックチェーンを他分野にも

応用できないかと考えられ

金融や流通、契約等の分野で注目を集めています。

 

例えば

全国各地にある銀行のATMは高額な費用がかかり、

 

また振り込め詐欺などの不正防止対策の費用も

莫大な金額がかかっているため、

 

ブロックチェーン技術を応用したら

かなりの費用節約になると期待されています。