仮想通貨(暗号通貨)と投資ビジネスで一発逆転を狙う 平凡なサラリーマンのブログ

当ブログでは、誤解が多い仮想通貨(暗号通貨)を初心者でも分かるように基礎的なことから最新の情報まで解説し、仮想通貨(暗号通貨)の真実を お伝えしていきます。また、数ある投資ビジネスの中で「これは!」と思った厳選優良案件をご紹介していきます。

未公開の仮想通貨(暗号通貨)の見分け方②

 

前回お伝えした詐欺の手口ですが

これは厳密には詐欺罪にはならないのです。

 

きちんと公開もされ

公開日以降の値動きは誰もわからないので

そこまでは責任とれませんよっていう逃げ方です。

 

プレセール期間中は開発元が

価格をコントロールでき、

 

また

100倍になるだけの価値があると判断して

価格を決めたと言われたらそれまでです。

 

でも

本当は公開日に100倍になるわけないと

分かっていてわざとやっているのです。

 

仮に

10倍でも公開日に売りませんか?

 

10万円で買ったものが数か月して

公開日に100万円ですよ?

 

公開日以降

もしかしたら欲しい人があまりいなくて

暴落するかもしれません。

 

リスクを取りたくないですから

私だったら売りますよ。

 

このように

公開日に何倍にもなるって謳っているものは、

 

公開後に世界に普及させようという気が

そもそも無いのです。

 

プレセール期間でどれだけの人を

騙して購入させるかが目的なのです。

 

そもそも本物の仮想通貨(暗号通貨)は

プレセール期間で儲けようなんて気は無いので

2倍以下に抑えてプレセールをします。

 

ランキングサイトの第2位の

Ethereum(イーサリアム)でも、

 

プレセール期間に上げた価格差は

たった1.7倍でした。

 

世界第2位の仮想通貨(暗号通貨)ですら

1.7倍しか上げていないので、

 

数十倍や数百倍なんて謳っているものは

そんな価値があるわけもなく

偽物(詐欺)と言っていいでしょう。

 

目安はスタート時から公開日までの

価格差が2倍以上あるかないかです。

 

2倍以上は偽物(詐欺)

2倍以下は価値が見込める本物と判断できます。

 

本物の価値は本当にすごいですよ。

 

第1位のBitcoin(ビットコイン)

公開日は1Bitcoin(ビットコイン)が

約0.1円でしたが、

 

今は

1Bitcoin(ビットコイン)が

130,000円位になっています。

 

第2位のEthereum(イーサリアム)でも

公開後は約70倍に跳ね上がっています。

 

このように

本物の仮想通貨(暗号通貨)は非常に価値が高く

世界中で必要とされているので、

 

公開日以降の市場に出てきても

そこから何倍、何十倍にもなりえるのです。