読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨(暗号通貨)と投資ビジネスで一発逆転を狙う 平凡なサラリーマンのブログ

当ブログでは、誤解が多い仮想通貨(暗号通貨)を初心者でも分かるように基礎的なことから最新の情報まで解説し、仮想通貨(暗号通貨)の真実を お伝えしていきます。また、数ある投資ビジネスの中で「これは!」と思った厳選優良案件をご紹介していきます。

ADAcoin(エイダコイン)とは?

f:id:balsa:20170419155508j:plain

 

CARDANO(カルダノ)とは

仮想通貨(暗号通貨)のADAcoin(エイダコイン)

基軸通貨とした、

 

次世代ゲームプラットフォームのことで

オラクルシステムスマートコントラクト

といった最新システムを利用し、

 

運営者(胴元)が存在せず個人と個人が

直接やり取りができる自由で公平で安全な

ゲーム・カジノを楽しむことができる。

 

 

------------------------------------------------------------------------------

『オラクルシステム』

 

ランダムに選ばれた複数のサーバーでゲームを管理し

その情報が正しいかどうかを判断するため

不正な操作ができないようになっているシステムのこと。

 

------------------------------------------------------------------------------

『スマートコントラクト』

 

コントラクト(契約)をスマートに行える

コンピュータープロトコルのことで

契約の自動化(自動実行される契約)といえる。

 

CARDANO(カルダノ)のスマートコントラクトは

ゲームの流れや勝敗、契約などの情報を

保存・管理して自動的に実行する仕組み。

 

------------------------------------------------------------------------------

 

 

現在のオンラインカジノの問題点は

正当を主張する事はできても証明する事ができない。

 

よって

運営側はその気になればいつでも

不正を行う事が出来てしまい、

 

また

運営側の資金が実際にきちんと存在するのか?

いくらあるのか?

を知ることができない仕組みになっている。

 

しかし

CARDANO(カルダノ)は

最先端の技術により、

 

公平性正当性の証明が可能で

不正が無いということも証明でき、

 

また

運営側の資金力も証明できる

画期的な次世代ゲームプラットフォームです。

 

CARDANO(カルダノ)の基軸通貨である

ADAcoin(エイダコイン)を保有していれば、

 

ソフトウェア開発キットを使用することにより

技術者であれば誰でも CARDANO(カルダノ)用の

ゲーム開発が可能となっているため、

 

誰でもゲームオーナーになることが出来る

という世界初の仕組みも導入している。

 

また

ブラックジャックやバカラといった第三者

(ゲームオーナー)が必要な時も、

 

ゲームオーナーはユーザーから選ばれるため

ゲームの勝敗結果から開発側のCARDANO(カルダノ)が利益を得ることがない仕組み。

 

このようなことから

CARDANO(カルダノ)は

日本の法令上適法であることが弁護士である

中野秀俊氏の意見書によって認められています。

 

さらに

直接ゲームやカジノに参加しなくても

ADAcoin(エイダコイン)の保有量に比例して、

 

CARDANO(カルダノ)に関する各手数料の一部が

配当として分配される仕組みになっています。

 

つまり

ADAcoin(エイダコイン)を持っているだけで

配当(利息)がもらえるということです。

 

 

次は

名前の由来について説明します。

 

CARDANO(カルダノ)という名称は

ジェロラモ・カルダーノから由来している。

 

ジェロラモ・カルダーノは16世紀

イタリアのミラノ生まれの数学者であり

医者、占星術師、哲学者、賭博師でもあった人物。

 

ADAcoin(エイダコイン)という名称は

エイダ・ラブレスから由来している。

 

エイダ・ラブレスは19世紀

イギリスの貴族の女性であり

人類史上初のプログラマーとされ、

 

「プログラマーの母」とも言われる人物で

諸説議論はされるが

Ada(エイダ)というプログラミ ング言語も存在する。