読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨(暗号通貨)と投資ビジネスで一発逆転を狙う 平凡なサラリーマンのブログ

当ブログでは、誤解が多い仮想通貨(暗号通貨)を初心者でも分かるように基礎的なことから最新の情報まで解説し、仮想通貨(暗号通貨)の真実を お伝えしていきます。また、数ある投資ビジネスの中で「これは!」と思った厳選優良案件をご紹介していきます。

ADAcoin(エイダコイン)とは?②

 

ADAcoin(エイダコイン)開発の

陣頭指揮として携わったのが

『チャールズ・ホスキンソン』です。

 

仮想通貨(暗号通貨)の世界で最も有名であり

天才数学者です

 

IT業界における

「ビル・ゲイツ」や「スティーブ・ジョブズ」

のような立ち位置の方です。

 

チャールズ・ホスキンソンが開発した

仮想通貨(暗号通貨)は

BitShares(ビットシェアーズ)

Ethereum(イーサリアム)があります。

 

BitShares(ビットシェアーズ)は

市場公開してから3倍まで跳ね上がり、

 

Ethereum(イーサリアム)は市場公開直後は

価格を下げましたが

その後に約70倍近くまで価値が上昇しました。

 

f:id:balsa:20170419155141j:plain

Ethereum(イーサリアム)市場公開後のチャート

 

また

Ethereum(イーサリアム)といえば、

 

仮想通貨(暗号通貨)時価総額ランキング

Bitcoin(ビットコイン)につぐ第2位

仮想通貨(暗号通貨)です。

 

そんな方が

このADAcoin(エイダコイン)開発

携わっているのです。

 

http:////www.youtube-nocookie.com/embed/SENKLL7VQtc

 

Charles Hoskinsonによる仮想通貨(暗号通貨)と

その未来ついての日本語字幕付きのTED講演解説動画

 

仮想通貨(暗号通貨)時価総額ランキング

第1位のBitcoin(ビットコイン)にも

弱点やデメリットがあります。

 

それを補う仮想通貨(暗号通貨)として

チャールズ・ホスキンソンは

Ethereum(イーサリアム)を開発しました。

 

そして

仮想通貨(暗号通貨)開発の集大成となる

ADAcoin(エイダコイン)の開発に携わったのです。

 

CARDANO(カルダノ)プロジェクトの

ADAcoin(エイダコイン)は、

 

『次世代仮想通貨(暗号通貨)2.0』の主役として

市場に認知されるように開発された

仮想通貨(暗号通貨)です。

 

*仮想通貨(暗号通貨)2.0とは?

 Bitcoin(ビットコイン)のように

 決済や送金といったお金として価値

 「仮想通貨(暗号通貨)1.0」だけではなく、

 +αの付加価値がついた

 次世代の仮想通貨(暗号通貨)のこと

 

そんじょそこらのよくわからない

仮想通貨(暗号通貨)と同列レベルではなく

一歩も二歩も抜き出た仮想通貨(暗号通貨)なのです。

 

プレセール第4期の

ADAcoin(エイダコイン)の価格は

1ADA=0.26セントですが、

 

CARDANO(カルダノ)財団は

1ADA=1ドルを目指しています。

(1ドル=100セントなので、約385倍です。)

 

さらに

ADAcoin(エイダコイン)の市場公開直後は、

 

仮想通貨(暗号通貨)時価総額ランキングの

トップ10以内いきなり入ると思われます。

 

プレセール第1期~第4期で交換したい人が

たくさんいたので市場の期待も高いでしょう。

 

このように

次世代仮想通貨(暗号通貨)として期待されている

ADAcoin(エイダコイン)から

この先、目が離せません。