読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨(暗号通貨)と投資ビジネスで一発逆転を狙う 平凡なサラリーマンのブログ

当ブログでは、誤解が多い仮想通貨(暗号通貨)を初心者でも分かるように基礎的なことから最新の情報まで解説し、仮想通貨(暗号通貨)の真実を お伝えしていきます。また、数ある投資ビジネスの中で「これは!」と思った厳選優良案件をご紹介していきます。

泉忠司 仮想通貨バイブル 完全保存版について⑧

 

【第3巻 仮想通貨(暗号通貨)のパイオニアの実践報告】

 

前回の続きです。

 

仮想通貨(暗号通貨)は目に見えないだけで

お金と同じなので、

 

仮想通貨(暗号通貨)のウォレット(財布)は

銀行の通帳と同じように大事に扱い、

 

ウォレット(財布)は個人管理なので

セキュリティーをしっかりとすること

とても大事です。

 

 

・仮想通貨(暗号通貨)のウォレット(財布)の

 パスワードは普段使っているパスワードと

 同じものは使用せず

 誕生日や電話番号などの分かりやすいものを

 設定しないなどの管理をきちんとすること

 

・ウォレット(財布)の二段階認証を必ず設定すること(各ウォレットによって設定方法は違うので

 ご確認ください)

 

二段階認証とは

 ご自身の携帯に届くショートメールの認証番号を

 入力しないとログインできない

 バーコードを読み込んで認証番号を入力しないと

 ログインできないなどの仕組みです。

 

・バックアップコードやリカバリーフレーズなどの

 復元フレーズを印刷・メモしておくこと

 

 

セキュリティー管理をしっかりとした

仮想通貨(暗号通貨)運営をしていきましょう。

 

また

仮想通貨(暗号通貨)業界の未来と展望に

ついても話されていました。

 

現金を持ち歩くということが近い将来なくなる

もうすでにそうなりつつある。

 

現在でもお金を持たない人も多いのではないでしょうか。

 

おサイフケータイやクレジットカード

Tポイントカード、Suicaなどお金を持たずに

普通に使っています。

 

これらのものが

仮想通貨(暗号通貨)に変わり

そして

当たり前に使用する時代がもうすぐそこまで来ています。

 

大手の銀行や保険会社

または

大手企業などがフィンテック市場に参入しているので、

 

仮想通貨(暗号通貨)のサービスがどんどん出てくれば

 

「仮想通貨(暗号通貨)は危ない、怪しい」

 

なっている日本国内でも自然に

仮想通貨(暗号通貨)を使い始める

流れになると思います。

 

実際に

ブロックチェーンの協会に加盟している企業の

ほとんどが金融会社や証券会社、保険会社であり

(3大メガバンクの三菱、三井、みずほ銀行も加盟)

 

いち早くブロックチェーンに目を向けている

事実をみてもこの流れは間違いないでしょう。

 

日本人のほとんどが身近に関わっている

銀行と保険会社がいち早くブロックチェーンの協会に

加盟して、

 

フィンテック市場にも参入しているので

Suicaのような電子マネーみたいにいつの間にか

仮想通貨(暗号通貨)が当たり前になっていくでしょう。

 

したがって

今のうちによく勉強しておいて

世の中に仕掛けられる前に(当たり前になる前に)

体験しておくのが大事です。

 

ここでいう体験とは

仮想通貨(暗号通貨)を実際に両替してみて

使ってみるということです。

 

そうしたら

便利さだとかすごさがものすごく分かります。

 

昔はお金が貝だった時代があり

そして

金になり現在の貨幣と歴史上何度も変わってきています。

 

携帯電話がないころはそれが当たり前だったのが

携帯電話が普及すると今度は携帯電話があることが

当たり前になっていて、

 

今現在の状況が変化しないと思いこんでいる人が

ほとんどだと思います。

 

持っているものや普段使用しているものは

時代とともに変化しているのです。

 

このように

人間は不便を便利に変えていっているので

時代は変化していくものであり

今の状況が当たり前ではないのです。

 

お金が変わるわけがない

紙幣が無くなるなんてことはありえないと

思い込んでいる人たちは

バブルに乗れずに世の中に広まってから気づくのです。

 

「こんなことになるなら、仮想通貨(暗号通貨)を

 少しでも両替しとけばよかったなあ」

 

仮想通貨(暗号通貨)はあきらかに

便利になるものであり、

 

こんなに便利なものがあるのかと知った人たちが

世界でどんどん増えている現在、

 

この流れは止まることはないし

この流れのチャンスに乗らない手はないです。

(日本は仮想通貨(暗号通貨)が遅れているので

 なかなか分かりませんが

 世界で仮想通貨(暗号通貨)がどれだけ人気なのか

 期待されているのかを知ることです。)

 

また

仮想通貨(暗号通貨)が普及していけば

その周辺のビジネスもどんどんと伸びていき

巨大な市場になります。

 

このように

仮想通貨(暗号通貨)の未来は明るいし

一点のくもりもないと言えます。