仮想通貨(暗号通貨)と投資ビジネスで一発逆転を狙う 平凡なサラリーマンのブログ

当ブログでは、誤解が多い仮想通貨(暗号通貨)を初心者でも分かるように基礎的なことから最新の情報まで解説し、仮想通貨(暗号通貨)の真実を お伝えしていきます。また、数ある投資ビジネスの中で「これは!」と思った厳選優良案件をご紹介していきます。

泉忠司 仮想通貨バイブル 完全保存版について⑭

 

【第5巻 ビジネスと投資の王道】

 

前回の続きです。

 

 

投資においてもう1つ大事なのは

余裕を持つということ。

 

最高値最安値を狙わないことです。

 

すこしでも増えていればOK(損しなければ良し)

という考え方の方がいいです。

 

例) 株で失敗する人

 

500万円の株を買って運よく

1,000万円まで上がったとします。

 

そこで満足して売ればいいのですが

失敗する人は

 

「まだ上がるかも?」

 

と欲を出して保有します。

 

1,300万円になっても欲をかいて

まだ上がると思って待っていると

今度は800万円に下がったとします。

 

1,300万円から800万円に下がったら

500万円損した気になるのです。

 

しかし

本当は元金500万円→800万円で

300万円も得しているのにです。

 

損した気になるので

売らずに

また1,300万円に戻るまで待ちます。

 

しかし

それが600万円に下がり、

 

さらに損した気になるので

今度は1,000万円まで戻れば売ろうと決めて

待っていたら暴落してしまい大損する。

 

これは投資で大損する人がやっていることです。

 

つまり

投資は余裕をもって行おうということです。

 

極端なことを言うと

なにもしないで出資した金額より

1円でも増えればOKなんです。

 

なにもしないで増えているので良しとする。

 

このような気持ちがとても大切です。

 

もちろん

中には損することも出てきますが

収入の柱トータルで考えて増えていればいいのです。

 

投資は少しでも増えればいいと

余裕を持って行うことが大切です。

 

暗号想通貨のような魅力的な投資案件は

これまでもこれからも出てこないでしょう。

 

Bitcoin(ビットコイン)は

最大120万倍(たったの3~4年)になり、

 

さらに

これからもっと上がる可能性を秘めています。

 

何十万倍や何百万倍にもなり得る投資は

暗号通貨以外ではあり得ません。

 

他の投資と比べてみれば分かります。

 

銀行に預けて年利5%あったらすごいです。

 

株で年に30%や40%増えたらすごいことです。

 

ギャンブルで考えても万馬券でさえ100倍

もしくは

1000倍です。

 

では

ギャンブルよりもすごいことが

なぜ暗号通貨は起こるのか?

 

これは

お金そのものの概念が根本から

変わろうとしている歪みだからこそ

起こるのです。

 

暗号想通貨によってお金の概念が

根本から変わろうとしています。

 

これからはお金を持たない時代の到来です。

 

インターネット以上の革命で歴史上見ても

あり得ないくらいの大インパクトです。

 

パルテノン神殿方式の柱の中に

暗号通貨の投資を入れないなんて意味がわかりません。

 

ものすごいチャンスに恵まれた時代にいる

という認識を持ちましょう。