読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨(暗号通貨)と投資ビジネスで一発逆転を狙う 平凡なサラリーマンのブログ

当ブログでは、誤解が多い仮想通貨(暗号通貨)を初心者でも分かるように基礎的なことから最新の情報まで解説し、仮想通貨(暗号通貨)の真実を お伝えしていきます。また、数ある投資ビジネスの中で「これは!」と思った厳選優良案件をご紹介していきます。

Ethereum(イーサリアム)とは?

 

Ethereum(イーサリアム)とは』

 

Bitcoin(ビットコイン)の次に時価総額が大きい

ランキング第2位の仮想通貨(暗号通貨)で、

 

Bitcoin(ビットコイン)が

仮想通貨(暗号通貨)1.0世代とすると

このEthereum(イーサリアム)は

仮想通貨(暗号通貨)2.0世代と呼ばれています。

 

1.0世代の仮想通貨(暗号通貨)は

coinの瞬間的な交換や取引に使用される

単純なものですが、

 

2.0世代と呼ばれるEthereum(イーサリアム)は

プラスαの価値があるのが特徴です。

 

Ethereum(イーサリアム)の特徴は

賢い契約(スマートコントラクト)です。

 

世の中にある様々な契約をインターネット上に

保存・実行していく機能です。

 

どういうことかというと

例えば、

 

3年後の2019年の12月25日に

クリスマスプレゼントの商品代金10万円を

支払うという契約の情報を

スマートコントラクトの機能で自動的に実行され

その取引履歴も保存されるというものです。

 

つまり

過去にどのような取引があり、

 

その取引の情報もインターネット上に

保存され続けるので、

 

現在の中介業者などいらなくなる

可能性があるということです。

 

この付加価値があるので

Ethereum(イーサリアム)は公開後に

瞬く間に人気となり、

 

仮想通貨(暗号通貨)時価総額ランキングの

第2位にまで高騰しました。


開発者は

チャールズ・ホスキンソン

 

天才数学者であり

仮想通貨(暗号通貨)の世界の

スティーブ・ジョブズと言われ、

 

仮想通貨(暗号通貨)の世界では知らない人は

いないという人物です。

 

仮想通貨(暗号通貨)時価総額ランキング

第1位のBitcoin(ビットコイン)は、

 

ナカモトサトシと名乗る人物が

Bitcoin(ビットコイン)についての論文を

インターネット上に公表し、

 

世界中のプログラマーたちがプログラムを

書き換えていくことにより、

 

名プログラマーの技術が集約した

最高傑作の仮想通貨(暗号通貨)が誕生しました。

 

一方

仮想通貨(暗号通貨)時価総額ランキング

第2位のEthereum(イーサリアム)は、

 

チャールズ・ホスキンソンが開発した

仮想通貨(暗号通貨)です。

 

つまり

個人単体で考えるなら

仮想通貨(暗号通貨)のトップに君臨する

大天才と言えます。

 

2.0世代と言われるEthereum(イーサリアム)

財産を扱うことができる

柔軟性の高い仮想通貨(暗号通貨)です。