読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨(暗号通貨)と投資ビジネスで一発逆転を狙う 平凡なサラリーマンのブログ

当ブログでは、誤解が多い仮想通貨(暗号通貨)を初心者でも分かるように基礎的なことから最新の情報まで解説し、仮想通貨(暗号通貨)の真実を お伝えしていきます。また、数ある投資ビジネスの中で「これは!」と思った厳選優良案件をご紹介していきます。

仮想通貨(暗号通貨)とは? Bitcoin(ビットコイン)を例に解説!

 

いきなりですが、

『仮想通貨』(かそうつうか)

という名称は本当は違います。

  

世界標準の正しい言い方、

正式名称は『暗号通貨』(あんごうつうか)

といいます。

  

日本では一般的に

仮想通貨という名前で定着しているので、

 

正式な暗号通貨という言い方をしても

誰も分かりませんし、

 

また別の何かが出てきたと思われるので

定着している仮想通貨という言い方を

メディアも出版社も使用しています。

  

仮想通貨=暗号通貨です。

  

 

 

そもそも

仮想通貨(暗号通貨)ってなんなのか?

 

 

現在、

世界で使用されている法定通貨といえば

米ドル、ユーロ、ポンド、円、元~などです。

  

当然

日本で使用されているお金は円。

  

この日本円を発行しているのは日本銀行です。

 

そして

日本政府が正しいお金として正式に認めているので

世界各国でも信用され日本円として流通しています。

 

一方

仮想通貨(暗号通貨)は政府も中央銀行も介在せず

特定の管理者も存在しない通貨になります。

  

 

「えっ?」

 

って思われたでしょう。

  

 

政府や中央銀行の後ろ盾も無い

通貨なんて信用できるのか???

  

しかし

実際に世界では仮想通貨(暗号通貨)が普及していて

実際に使用されています。

  

仮想通貨(暗号通貨)の中でも代表的なものといえば

Bitcoin(ビットコイン)ですが、

 

このBitcoin(ビットコイン)も管理している組織や

コントロールしている人は誰もいません。

 

 

じゃあ

どうやって信用されているのか?

  

 

仕組みを簡単に説明します。

  

Bitcoin(ビットコイン)は

全取引履歴が公開されていて誰が誰に

Bitcoin(ビットコイン)を

送金したか分かるようになっています。

 

しかも

この取引履歴は全てのユーザーが閲覧可能です。

 

その閲覧履歴を見れば

誰が誰にどれだけのBitcoin(ビットコイン)を

送金したか分かるようになっているのです。

  

Bitcoin(ビットコイン)のインターネット上の

財布(ウォレット)から送金するときは、

 

口座番号はランダムな文字列で暗号のようなものを

送ってやり取りするので、

 

誰のものなのかという特定はできないように

なっています。

 

 (例)

72di03328isff67e3l12c89dad50jc7fwa2l60vb1ud73l8b4c7s8

 

↑このような文字列を送ってやり取りします。

  

個人情報は載っていないので

誰のものかわからないようになっています。

  

全取引履歴を全ユーザーが確認できるので

誰かが不正なことをしてもすぐに分かってしまいます。

 

要するに

政府や中央銀行など特定の機関が管理しないため、

 

不正ができないように全ユーザーで

全取引履歴を相互に監視できるようにしようと

いう仕組みです。

 

(正確にいえば

 全ユーザーで監視しているのではなく

 マイニングと呼ばれる承認作業で確認・検証

 されています。)

 

 

(続き)

  ↓

 

仮想通貨(暗号通貨)とは?② Bitcoin(ビットコイン)を例に解説!